イメージにとらわれず外資系企業のメリットを知る事で転職活動の幅も広がる!

イメージにとらわれず外資系企業のメリットを知る事で転職活動の幅も広がる!

転職を行う際に、あなたは英語が話せないと思ったり、どんな企業か分からないといった理由で、就職活動から外資系企業を外してしまっていませんか。確かに外国人を相手に交渉や商談を行うとなると、英語は必須です。しかし、外資系と一括りにしてしまっていますが、様々な職種があり、企業の事業内容も異なっています。初めから外資系だからと就職活動から外してしまう事は、実はもったいないものです。企業の仕組みや募集要項、採用条件などをしっかり確認してみる事で、あなたの思い描いている転職内容の枠を簡単に広げる事が可能になります。

 

外資系企業で一般的であるのは、外資系企業100パーセント子会社の日本法人でしょう。こういった形態の場合、そこに従事している従業員も外国人が多く、国内に会社が有っても、公用語は英語の企業が多くなります。企業としての考え方や人事制度も本国が主体となるため、日本企業の考え方や人事制度と異なる事も少なくありません。その一方で、外資系企業の中には外資系企業と日経企業の合併企業も存在しています。こういった形態の外資系企業だと、日本人従業員も多く、公用語も日本語になります。これらの様に、一概に外資系企業と言っても、会社形態に大きな違いがあります。

 

あなた自身がどちらの方が良いか、しっかり判断を行う事が重要です。外資系企業は他の企業にはあまりみることが出来ないメリットもある事をご存知でしょうか。まず、一番魅力的であるのが給与面です。同業種の日本企業と比較すると高くなる事が多く、転職と同時に年収がアップする事も夢ではありません。外資系企業の場合、即戦力を求めがちです。耳にした事がある方もいらっしゃると思いますが、ヘッドハンティングや中途採用で企業が望んでいる人材の確保を行っています。英語スキルだけではなく、職種に必要なスキルも重視しているため、入社のハードルは高い事が多いです。その反面、給料が高かったり、役職が付く管理職の場合では年収が1000万円以上の方も少なくありません。事務や経理などの職種でも500万円程度支給される事が多いのが特徴です。日本企業の給与水準よりも高額のため、年収アップを目指している方にもお勧めです。

 

さらに、外資系企業は、女性がキャリアアップを行い易い環境に有ります。国内企業では男性が活躍している会社が多いですが、外資系企業の場合、女性の昇給に対しても平等であり、女性でも年収1000万円を超えている人もいます。また、管理職に就いている女性も珍しい事ではなく、性別に関係なくチャンスが巡ってくるという企業が外資系企業の中には多くあります。そういった背景から、女性でもバリバリ働き、キャリアアップを目指すのであれば、外資系企業の方がよりよりチャンスが増えるでしょう。この様に、外資系企業には日本企業にない魅力があり、キャアリアアップを目指している人にとっても、就職活動の際に、初めから外資系だからと諦めるのではなく、自分ならどのように貢献を行う事が出来るか、しっかりと自己分析を行い、自分自身をアピールする事が最重要課題となります。

 

トップページに戻る