資格を取得する事は転職に有利か?

資格を取得する事は転職に有利か?

転職活動を始めるにあたって、自分のPRポイントが多い方がいいでしょう。自分がどのようなアピールポイントをもっているか、具体的に表すものの一つとして資格が考えられます。実際に専門資格を持っている事は転職活動の強力な味方になると言っても過言ではありません。さらに、資格を持っている事によって、どんな企業に対しても、共通のアピールを行う事が出来るため、とても便利です。現在は様々な資格があり、その幅も多岐にわたっていることは周知の事実です。弁護士などの士業である資格をはじめ、最近出てきたフードコーディネーターなど、実に様々な資格があります。

 

しかし、場合によっては資格の取得は転職活動を行う際に不利になる事もあります。例えば、あまりにも資格取得の方に重点を置いていると、その分空白期間を空けてしまう可能性があるのです。広範囲の資格取得望まれている場合、先ずは自分の望んでいる専門の職業にある程度絞り込みをした資格取得をする方がいいでしょう。そうする事で転職活動に際してもあなた自身のアピールポイントとなり得ます。しかし、専門性が無い資格を取得していると、その企業で役立つのかは明確にならない可能性があり、アピールポイントとしては役立ってくれない可能性があります。

 

また、そういった資格の場合には取得者も多く、他の転職希望者との差別化を図ることが出来ません。資格取得は退職後に取得をするのも良いですが、退職と転職の間の期間が大きくなりがちですので、出来れば働きながら取得するのが理想的です。理由としては退職から次の企業入社までの間がどうしても準備や勉強などで空いてしまうためです。無理に資格取得を行うよりは、自己分析や求人選び、企業研究といった部分にスポットをあててしっかりとした努力や対策を優先するべきです。どの人にでも資格取得以外でのアピールポイントは必ずあります。資格だけにこだわり続けていると、自分にどんな良さがあるのか分からなくなってしまうばかりか、転職活動の際に自分のアピールポイントそのものをアピールする事が疎かになってしまいます。そうならないためにも、先ずは自分自身にどんな良さがあるのかしっかりと見つめなおし、自分に最良の企業を見つける事が重要です。そうする事によって、資格が無くても転職活動の際に自分自身をしっかりアピールする事が出来、転職成功に結び付ける事が出来ます。

 

資格を無理に取ろうと資格を探すよりは、資格がない状態であっても転職エージェントを利用するのも良いでしょう。人材を探している企業を非常に詳しく分析したり、企業の研究や担当者との打ち合わせなどを重ねているため、どのような企業が合うかを見極めてくれます。
これらの理由から無理に資格を取るよりは、転職エージェントを利用するのも就活成功の秘訣です。転職をサポートし、企業と求職者を繋いでくれる転職エージェントは企業側に対して何度も打ち合わせや希望する人材の聞き取り調査するため、充分な企業環境を把握しています。また、多くの求職者と接している事もあり、その求職者にとってどんな企業が最適であるかを考慮した上で、紹介してくれるからです。そのため、自分の時間を有効活用することが出来ると言っても過言ではありません。その間に履歴書対策、面接対策などをしっかり行ってから複数企業の面接を受ける事が出来ますので、資格そのものは確かにあなた自身の味方にもなってくれますが、それに固執してしまうと、自分自身の可能性という間口を狭めてしまうこともあるという事を覚えておきましょう。

 

 

転職サイトの比較を見てみる