滑り止めとして考えていた企業からの内定通知を辞退したい場合の基本マナー

滑り止めとして考えていた企業からの内定通知を辞退したい場合の基本マナー

就活ではすべての企業に大人の対応が必要です。
現在は長く続いた就職氷河期をなんとか抜け出た状況だそうです。そうなると就活の中で多くの内定をもらっている就活生もいるかもしれません。本命企業一社に絞って就活を行なっていると言う人は少数派です。本命企業に就職するには就職浪人も厭わないという人を除いて多くの人は複数の企業に対して就活を行なっているのです。そうなると図らずも本命ではない企業からの内定通知を頂く場合もあるでしょう。もっとも滑り止め企業から不採用になるようでは、本命企業への就職はおぼつかないはずです。そこで迷ってしまうのは本命企業から合否の通知をもらう前に滑り止め企業からの内定通知をもらった場合です。内定を受諾すれば当然のことですが、就活を止めてその滑り止め企業に入社しなくてはいけません。そこは悩みどころで、本命企業へ就職する思いが強いのであれば、本命企業からの合否通知をもらうまで滑り止め企業からの内定は保留扱いにしてもらうことが最善です。お願いする内容としては「本命企業の合否待ちです」と正直に言ってしまうと、その滑り止め企業の気分を害するでしょう。場合によってはその企業からの内定取消しとなる場合もあります。ですので、保留扱いにしてもらう最善の策として「一生のことですから家族と相談します。少し時間をください」と答えることをオススメします。

 

内定辞退の場合には気遣いをお忘れなく
滑り止め企業からの内定を受諾してしまうと基本的にはその企業に入社しなくてはいけませんが、それも絶対というわけではありません。後日本命企業から内定通理をもらった場合、やはり本命企業に入社したいものです。そうなると滑り止め企業の内定を辞退しなくてはいけません。一度、内定の受諾をしておきながら辞退するのですから、当然社会的にも褒められたものではありません。その企業にも大きな迷惑をかけてしまうことになります。しかし、本命企業に入らなければ後でそれ以上に大きな後悔をしてしまうことでしょう。もっとも、この就職難のご時世ですから、内定受諾後の辞退もそれほど珍しくはなくなりました。考えなくてはいけないことは即決で内定の辞退を連絡することです。それによって次の採用者が出てくるわけですから、遅きに失してしまうわけにはいかないのです。まずはそこが社会人になる人としての基本的なマナーとなります。滑り止め企業への内定受諾の撤回はメールであってはなりません。気が引けてしまうものですが、まずは自分の言葉でしっかりとお断り、さらにはお詫びの電話をするようにしましょう。企業によっては再度訪問するように言われる場合もあると思います。大変ですが、それが社会人としてのマナーと考えましょう。アフターも大事で電話あるいは訪問後にも丁寧に手紙あるいはメールで採用してくれたことへのお礼、さらには辞退したことに対してのお詫び、そしてこれから頑張っていくことを伝えましょう。採用してくれた企業への最大限のリスペクトを示すことがとても大切となるのです。

 

転職サイトのおすすめの紹介はこちら