リクナビNEXTの良いところは口コミを見たらわかる

リクナビNEXTの良いところは口コミを見たらわかる

リクルートと言えば人材紹介業界では最大手となりますが、リクナビNEXTはそんな「リクルートキャリアが運営する転職エージェントの一つなのです。他に同じ運営母体のリクルートエージェントがありますが、同じような携帯の天昇ケージェントですが、その方向性は違っていますので、この二つの転職エージェントを活用するのも転職への近道となるでしょう。

 

◆転職成功実績に定評あり
全国的にも抜群の知名度を誇るリクルートグループが運営する転職エージェントだけにリクナビNEXTの登録会員数は2015年のデータで500万人以上となっていて、取り扱っている求人件数は常に3000件以上をキープしていて、毎週1000件もの新たな求人が追加あるいは更新されています。もちろん、求人件数も大事ですが、転職エージェント限定の求人がいくらあるかが重要となりますが、この登録求人数の実に87%がリクナビNEXT限定となっているところが他にはないこの転職エージェントの強みとなっているのです。リクナビNEXTでは他の転職エージェントにはない、有料企業からの求人を多数見つけることができます。気になる転職実績ですが、これも2015年度の調査では約3万人もの人がリクナビNEXTから転職を成功させているのです。さらに同年、オリコン日本顧客満足度ランキング転職サイト部門で第一位となっているのです。
◆リクナビNEXTが誇る独自の転職支援サービス
このような実績を生み出している背景には、リクナビNEXTが誇る独自の転職支援サービスがあります。中でも「スカウト制」というのがあって、これは、会員がこれまでの職務経歴、スキル、持っている資格などを登録し、これを企業が見て「是非面接をしたい」ということで企業側から転職希望者を指名するという制度です。転職活動をしながら、企業側からも求人活動をするという2方向からの活動で、転職率を上げているということです。資格や経歴によっては、書類選考が免除となる「プライベートオファー」などがあり、転職者有利に話を進めていくこともできます。他にも関心をもった企業が「興味通知オファー」を出したり、双方の思惑が合致する「オープンオファー」もあります。
これらの3種類のオファーがあることで会員の目指す転職がスムーズに進むことになるのです。企業側からのオファーがあると転職希望者にとってはこのうえない自信になるのは言うまでもないことです。

 

◆リクナビネクストの登録に向いている人
リクルートキャリアが運営する転職サイトは、今回紹介した、リクナビNEXTがありますが、他にもリクルートエージェントという転職エージェントがあります。この両者の違いは、担当コンサルタントが付くか付かないかの違いになります。リクナビNEXTは専任の担当者がつきません。自分で自由に転職活動をしたい人に向いている転職エージェントと言えます。逆に手厚いサポートを受けたい人はリクルートエージェントのほうがお勧めということになりますね。

 

転職サイトの比較を見てみる